それぞれの朝
2014 / 05 / 30 ( Fri )
朝起きて雨が降っていると私学校まで送るのがいつものパターン。
車に乗る時の空気で
(今日は会話してもいいかな)
(今日は話にのってこないな)
気をつかう母です。

学校に送って家に帰るまでの時間は私の時間。
(これからみなさんお仕事ですね~)
横道から本線に入る時 朝のこの時間帯は必ず一台ずつ入れてあげるのが
みんなの決まり事のようですんなり合流させてもらえる場所がある。
私は横から入れてもらう人なのですが〝ありがとうございます″の気持ちを
にっこりほほえんで・・・あ~朝からこの場所はとってもいい場所です。

小学校の近くを通ったら
あれあれ、おじいちゃんと歩いている小2くらいの男の子。
こちらも混んでいるのでゆっくり追い越したり追い越されたりしていたのですが
門の前に来たら学校の前の木にしがみついて離れないの。
おじいちゃんだから困ってました。
車が動いてしまったのであの後どうしたんだろう?とっても気になってます。



家の前に車いすで座っているおじいちゃん。
(デイサービスへ行くのかな?)
それはいいんだけど付添いの家族の姿がなく・・一人ぽつんと待っているんです。
私が娘を送って帰る時間もだいたい同じだからいつもいるの。
いつも道路に向かって車いすセットされてます。
先日は雨が降っているのにそのまま傘もなくレインコート着ているわけでもなく
とっても気の毒でした。
風邪ひかなかったかな?


駅までにしても学校までにしても家に帰れば
『どこへ行ってきたの?』と待っている子たちがいますから。。。
私の一日もワンたちと始まるのです。





『おかえりなさい』の顔です。
なんてったって朝ごはんもらわなくっちゃなりませんから
お出迎えしてくれるわけです!

140530




スポンサーサイト
20 : 48 : 59 | | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ