おチャめな親子と一緒に

Entries

いろいろ考えた日々でした

161104

あんなに暑い暑いといっていたのに
富士山の上の方には雪のあとも・・・
これは3日のものです









ひとまわり小さくなったチャチです
一か月くらい前のこと・・・

チャチ病院に行きました


161104 1



チャチの場合、ココとアンディーの前に身ごもった子の死産での入院
そして膀胱炎になった時以外は体調崩すこともなく過ごしていました

先日 『あれ?ちょっとここ腫れている感じするね・・・』
『でも前からこれは脂肪のもので大きくならないからって言われてるよね』
そんな感じで大丈夫って安心していたんだけど
『赤くなってきてるね』
病院にいかなくっちゃと思いつつ一日延ばしにしていたら
チャチ自身 気になるのか なめていたらそのうち傷になって血がにじむようになってしまった
あわてて病院に行ったら
『これは前のものと違う手前にできています
この場所は腕の間で根っこを切除するのはいろいろな血管があって難しいけど・・・』 
先生は はっきり言わないけど早く取ってしまう方がいいだろうという感じがした
(やっぱり悪いものなのかな?)
診察している間もおとなしくて寝たらそのまま動かないでいられる
『普通ならドキドキもするだろうに 13歳ですよね 心音も高まってこないしチャチちゃん自身にもリスクがありますね』って
私には手術なるべくしたくない
前チャチが 私の腕の中で麻酔中に亡くなってしまったということが頭の中に浮かんでしまって・・・
麻酔でのリスクがあるなら絶対手術はしたくない、寿命に任せてそばにいてあげたい
しばらく先生と私と黙ってしまうそんな時間が過ぎました
何かいい方法がないかと先生も考えてくださっているようにもみえました

家で考えてみてください!という話でその日は戻りました
リスク リスク リスク 先生の言葉のこれが私にはどうしても引っかかってます
とにかく傷があいてしまっているので抗生物質を飲んで様子をみましょうとなりました
ばい菌が入ってはいけないので洋服を着ているというわけです







その後のことはまた次に
今は元気です!安心してください!!





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

あぴこ

Author:あぴこ
チャチ母さんとココ・アンディーの親子と私とのいつもの生活
長くこの時間が続きますように・・・

参加していま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

最新記事

シェルとカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー